有料投資顧問の優良株銘柄情報を使うと億トレ・億り人になれるか

有料投資顧問の株情報を使ったことはあるだろうか。筆者はある。初めて情報サイトから受け取った銘柄の値動きを見た時は驚愕したものだ。それほど強烈な動きだった。

テレビなどのメディアで億トレ・億り人という言葉がよく使われていた時期があった。

仮想通貨(暗号通貨)で騒がれるよりももっともっと前の話だ。

投資顧問の有料情報を購入することで億り人に近付くことは出来るのだろうか。

情報サイトは騙されそうなど、投資顧問についてあまり良くない印象を持っている人も多いだろう。だがその考えは間違っている。どんな情報も受け手の使い方次第で生きる。

投資顧問は無料でも使える情報をたくさん発信していることをご存知だろうか。

実体験談も踏まえ順を追って説明していきたい。

投資顧問の情報コース内容

投資顧問によって内容は様々だが、1つ1つ単発で銘柄情報を購入するコースと、月額制で毎月料金を支払い、情報が入り次第適時開示されていくコースに分かれる。

月額制の場合は1銘柄あたりの料金が割安になる計算だが、会社によっては1か月間全く情報が出てこない場合もあり、悪い投資顧問に当たってしまうと大損だ。

単発コースの場合は料金に差のあるケースが多く、金額によって熱さが違うように書かれている。

思い切り射幸心を煽ってくるスタイルだが、どうせ買うのであれば高額銘柄を買うのがいい。

なぜならその会社の看板銘柄を出してくるはずだからだ。

ある意味で一番高い情報を買い、失敗と感じればスパッと手を切ることが出来る。中途半端に安い情報を買って微妙な値動きをされると「もう1回」となりかねない。

安く済ませようとして結局高くついてしまう典型的なパターンだ。

投資顧問情報の経験談

筆者が最初に投資顧問の情報を得たのは2013年初頭だ。

この時、筆者は少々相場から離れている時期だったのだが、知り合いのデイトレーダーにおいしそうな話があると誘われた。以前も有料情報の誘いを受けたが断っていた。

この時はなぜか話を聞いて好意的に受け止めることが出来た。

1銘柄で10万近くもする高額情報だった。

14時に発表ということで10分前くらいから緊張しつつパソコンの前で待機した。

14時の発表で銘柄を知り、板を見た瞬間少し固まった。100円程度の超低位株だったのだ。「こんなもの・・・」という気持ちと、後戻り出来ない気持ちがぶつかり合った。

すぐに後戻り出来ない気持ちが勝り、150万円をやや超える分くらい購入した。

その数秒後、株価は一瞬でぶっ飛び、1分足らずでストップ高まで駆け上がり張り付いた。

筆者はパニックになりながら売り注文を入れた。すると即座に1回ストップ高が剥がれ、無事に利益確定売りとなった。1分で50万円もの利益になったのだ。

その後再度ストップ高に張り付き、数日かけてさらに30%程度上昇していた。

今までコツコツ稼いできた中でこんな経験はもちろんない。

有料情報に味を占める

その後も株式市場からは離れていたが、知り合いにまた良い情報はないかと聞き続けていた。

それほど高額な情報はあまりないものの、もう少し安い情報であればそこそこあるとのことで、いくつか聞いてみたい気持ちに駆られた。

そして3銘柄ほど情報を聞くことにした。

9時ジャストの発表とされていた銘柄だが、少し早めに漏れたのか特買いとなってしまっていた。寄り天を警戒しつつも機会損失を嫌い、寄りで成行買いをした。

すると寄った後に下落し、そこそこ大き目の含み損を作ることになった。

その日は含み損のまま終わったものの、それから数週間かけて当該銘柄は上昇していき、無事に利益確定にこぎつけた。地合いはあまり良くなかった中で満足の値動きだった。

その後もゲーム関連株2銘柄の情報を聞き、購入したのだが片方はロスカットとなり、もう片方は含み損期間が1か月あったもののそこから急騰し、利益確定となった。

それ以降筆者は兼業デイトレーダーとして相場復帰し、有料情報は使っていない。

投資顧問情報の感想

今でも低位株が1分でストップ高までぶっ飛んだ衝撃は強烈に覚えている。

当たり情報を購入出来ればこんなにも簡単に稼げるのだという良い例だろう。

しかし残り3銘柄に関しては、2銘柄そこそこの金額がリカク出来たとは言え、それなりに時間もかかった。含み損だった期間も長かった。1銘柄はロスカットにもなった。

価格が安かったというのもあるが、有料情報が全て優良情報というわけではないと感じた。

このような経験からも、投資顧問情報を試したいのであれば思い切って高い銘柄を1回経験してみるのがいいと書いたのだ。中途半端な金額だと当たり、外れの判断も難しいものだ。

億トレーダー・億り人へ

この時筆者に投資顧問を勧めてくれた知り合いを始め、複数の知り合いのトレーダーがこの年、億り人となった。彼らは情報のためなら月にいくらでも使うタイプだ。

当然有料情報も投資顧問の月額コースも躊躇なく使っていく。

ただ、この2013年は後から見ても明らかに地合いが極端に良かった。

難易度を見てもここ10年以上で見て最も易しかったと言える。

この年に投資顧問情報で衝撃を受けたにも関わらず、簡単にやめてしまい、億トレーダーとなれなかった筆者の後悔のように見えるかも知れないが、彼らは投資顧問情報を使うことで億り人に直結したとは思えない。

彼ら自身が努力し、相場の波に乗ったということだろう。

投資顧問情報も地合いや相場難易度に左右されるということ間違いないはずだ。

結論からすれば、投資顧問の優良株銘柄情報を得て、言われるがままにトレードをするだけで億り人になれるということはほぼないだろう。

ただ、個人の力だけで2倍3倍になるような銘柄を発掘するのは非常に難しい。

非現実的とも言える。投資顧問の情報には当たりハズレがあるのも事実だが、2倍、3倍に化ける当たり銘柄もあるという点は見逃せないポイントだろう。

情報を鵜呑みにするのではなく、得た情報を自分で取捨する作業を付け加えることで当たりを見抜ける可能性も高まる。だが有料で得た情報をスルーは難しいだろう。

発表されたらとにかく飛び付き、その後で精査するくらいがちょうどいい。

その時その時の地合いを鑑み、甘めに見るべき時期と厳しく見るべき時期を分けて考えることも忘れないようにしたい。

優良投資顧問の選び方

大変難しい議題だ。投資顧問会社には姉妹サイトを持つところも実は多い。

作りが似ていたり、代表者や側近の人、広告塔に使われている人物が同じだったりと公式に発表されていなくても利用者が姉妹サイトと気付くケースも少なくない。

2008年に1つ投資顧問サイトが閉鎖したのだが、その際に「素晴らしい情報サイトを最後に紹介します」と書き、姉妹サイトを紹介していたのは少々滑稽でもあった。

話を戻そう。

姉妹サイトを持っているかそうでないかというのはあまり参考にならない。

姉妹サイトを持っている場合、両方のサイトから時間差で推奨をすることにより、より強い値動きを演出することが可能になる。利用者の買いによって価格が上がるからだ。

それが出来るから凄いと考えるか、そうでもしなければ強さを演出出来ないと考えるかはこれもまた受け手次第となるため、やはり判断は出来ない。

投資顧問の歴史と資格の登録

投資顧問業を営むには金融商品取引法第29条に基づく登録を受ける必要がある。管轄する財務局に申請書を提出する。

登録済みということを証明する内容が投資顧問のサイトにあるかチェックしてみよう。

そのような表記がない場合、違法営業の可能性もあるため、その時点で信用は出来なくなる。

また、その投資顧問がどれだけの歴史を持っているかも調べておきたい。

もちろんどんなに優良な投資顧問であっても最初は歴が浅い。1つの目安程度にしかならないわけだが、何年も前から長く営業しているサイトであれば長く続く理由もあるだろう。

目安程度でも知っておく意味はあるはずだ。

次は投資顧問の有料契約までの流れから考えてみよう。

有料契約までの流れ

1.無料メルマガに登録する
2.メルマガやサイトから無料銘柄情報を受け取る
3.メルマガで来る市況情報などを参考にしつつ無料銘柄の動向をチェック
4.無料配信銘柄の成績によって信頼度を評価
5.高パフォーマンスの投資顧問の1番高い情報を試しに購入

このような流れが一般的だ。いきなり有料契約をするわけではない。

無料メルマガに登録することで、投資顧問の発信するメルマガを受け取れる。

このメルマガやサイトに掲載される無料銘柄情報をチェックしていこう。過去の実績というページもあるが、いまいち信用出来ない。やはり自分の目で見て確認するのが一番だ。

無料メルマガでは市況情報など勉強になる内容を発信してくれる投資顧問もいる。

無料銘柄の動向をチェックしている間にも、そういう親切度をチェックしておこう。

無料銘柄の成績がそれなりに良く、メルマガ内容も親切だと感じる投資顧問がいれば有料情報を試してみるのもいいだろう。もちろんあえて1番高い情報を買うのがいい。

無料メルマガ登録時の注意

1つ1つの投資顧問を見極めるよりもいくつかのメルマガをまとめて受信するのがいい。

上記のようにきちんとチェックする必要があるため、時間もかかる。

また、複数の無料メルマガを受け取ること、複数の投資顧問から無料銘柄情報を受け取ることの意味は純粋にデイトレードをする上でも生きる。

イナゴトレードの記事でも書いたように、市場には意味のわからない急騰がそこかしこで起こっている。有名人のツイートによるイナゴタワーの場合は検索で追うことも出来る。

関連記事

イナゴトレードというトレード手法をご存知だろうか。今や知名度も高くなり、数も多くなったイナゴトレーダーだが、正しいやり方をしている人は少ない。 イナゴトレードは間違ったやり方をしていると信じられないくらいの速度で退場に追い込まれる。い[…]

しかし投資顧問の無料情報がきっかけでイナゴタワーが出来た場合はその時点で登録している人以外は急騰理由を知ることが出来ない。後から知ることも難しい。

なぜ急騰したのかを知る選択肢を増やす意味でも、無料で利用出来るものは全て利用すべきだ。

投資顧問も有料契約につなげたい思惑があるため、無料メルマガでは宣伝も多くなる。そのようなメールがプライベート携帯やメインメールに届くのは少々しんどい。

同一投資顧問から1日に何通もメールが届く。

投資顧問の無料メルマガ用にヤフーメールでも何でもフリーメールアドレスを1つ用意することをオススメする。そのメールアドレスを完全に株用とすれば煩わしさから開放される。

くれぐれもプライベートのスマホで受信するような設定は避けるようにして欲しい。

筆者は現在も複数の無料メルマガをヤフーのフリーメールで受信している。

投資顧問側も無料銘柄の実績で有料契約につながることを当然理解しているため、時にはとんでもないお宝情報が無料情報で配信されることもあるので面白い。

筆者も複数の投資顧問から無料メルマガを受け取りデイトレに生かしている。

参考までに筆者が複数登録しているうちのメルマガの中でもよく使う2サイトを掲載しておく。無料銘柄だけでなく、相場概要についても無料で配信されるので重宝している。

株マイスター

株株

どちらもフリーメールで登録出来、個人情報を入れる必要もないのが嬉しいところだ。

デイトレ、株式投資で勝つために是非色々と試してみて欲しい。

まとめ

いかがだっただろうか。投資顧問に対する意識も少し変わったものと思う。トレーダーとして成功するためにも無料で受け取れる情報は必ず使い、努力して欲しい。

情報を得た時、乗り遅れないためにもイナゴトレード同様きちんとしたトレード環境を整備しておく必要がある。そちらも合わせて準備しておこう。

関連記事

勝ち続けているデイトレーダーはトレード環境を整備している。デイトレ環境を整えることは勝ち組トレーダーの必須条件だ。 トレードルームを始め、トレードツール、インターネット環境など、デイトレをするための環境の正しい作り方を書いていこうと思[…]