株で勝てるようになる人のプロセスとメカニズムを詳しく分析

デイトレードで勝てるようになる人はどのようなプロセスを辿るのだろうか。最初のうちは負け続ける。これはよく言われていることだ。努力を続け、そこから少しずつ勝てるようになる。

多くの人はこのような想像をしていることだろう。

しかし実際には違う。そのように勝てるようになるタイプは少ないのだ。

ある日を境に、あるきっかけから突然勝てるようになる。これが最も多い。そのメカニズムについて、どのように変化するかなど詳しく当記事で解説していく。

全ての記事に言えることではあるが、当記事は特に最後まで読んでいただきたい。全て読むことできちんと納得してもらえることだろう。

株の負けは授業料

これは有名な言葉だ。いきなり勝てるわけではない。ゆえに最初のうちは負けても仕方ない。だが単なる負けで終わらせるのではなく、その負けからきちんと学ぶことが大切だ。

負けてもそこから学ぶことが出来ればその負けも授業料として考えられる。

確かに有名なトレーダーであっても、現在では常勝となったデイトレーダーであっても最初のうちは負け続きであったり苦労してきた経験がある。授業料を払ってきたのだ。

勝てるようになるまでの期間、そして支払った授業料は人それぞれだろう。

しかし1つ面白いデータを発見した。

勝てるようになるまでに負けた金額にはバラつきがあるものの、勝てるようになった時の残り資産という点に着目するとかなり追い込まれていた人が多いということだ。

ここに大きなヒントを見出すことも出来るのではないだろうか。

勝てるようにならない理由とは

中には早い段階で勝てるようになってしまう天才型もいるだろう。

しかしそれは稀なケースであり、多くの場合は資金のほとんどを失ってしまう。そこで勝てるようになる人もいるが、そのまま退場してしまう人の方がはるかに多いだろう。

株の指南書やWEBサイトはいくらでもある。勝てるようになるための情報もたくさんある。

それでも負け続けて退場していく人が後を絶たない。

そこには明確な理由がある。

・自信過剰
・いつかなんとかなると思っている
・自分の弱さを認められない
・変わることの重み
・対応力に難あり

あなたがデイトレで勝てずに悩んでいるのであれば思い当たる節もあるだろう。

これらは勝てるようになる成長を邪魔するものだ。

自信は成長するには邪魔

自信を持つこと、ポジティブであることは本来悪いことではない。

だがそれは勝てるロジックをすでに構築し、常勝トレーダーになって以降の話だ。勝てるようにさえなっていないうちから自信を持つことは決して良いことではない。

多くのトレーダーはなぜか自信家だ。投資としての株式投資は長い目で見ればプラスになる人も多いだろう。しかし仕事としてトレーダー、特にデイトレーダーを選ぶとそうはいかない。

短期売買を繰り返し、その上で利益を出し続けなければならない。

途端にハードルは高くなり、生き残る確率もガクンと落ちる。

関連記事

専業デイトレーダーとして生計を立てている人が1000人を切ったニュースがあった。AIアルゴリズムに取って代わられる仕事の候補にデイトレーダーも入っているだろう。 デイトレーダーとして生き残るためにはどうすればいいか。 筆者自身も[…]

そんなトレーダーとして成功すると思っている人がほとんどだろう。たった10%とも5%とも言われるデイトレーダー生存率。そんな確率に自分が入ることを信じて疑わない。

不思議なものだが、これは正常性バイアスと呼ばれるものに近い。

どんなに危険が迫っていても、自分だけは大丈夫と信じてしまうのだ。

自然災害、台風や地震においてもこういった感情が働いてしまう。

この自信過剰というのは全てにおける元凶となってしまう。

当然この自信があるから「いつかなんとかなる」という感情も生まれてしまうのだろう。自分が何か努力をして変わらなければなんとかなるはずもないのだ。

自分の弱さを認められない

自分に自信があるからこそ今のまま続けていれば勝てるようになると思い込む。

そして自分の欠点、弱点をそのままにしてしまうのだ。

加えてこの手のタイプはネット上に負ける理由を探しに行く。例えば有名なトレーダーの収支日記ブログを見て負けていれば仕方ないと安心することだろう。

地合いが悪いと書かれていれば運が向いてないと納得することだろう。

自分が悪い、自分の弱さのせいで負けているという事実からなんとかして目を背けようとする。実際にはわかっているはずだが、どうしても他の原因になすりつけたいのだ。

このような考え方があるうちは本当の成長はない。

地合いが良い時など、勝てる時は誰でも勝てる。だが調子が悪くなった時はそうもいかない。好調時に勝ってきた数倍の金額を負けてしまう人も少なくない。

自分の弱さを知り、それを受け入れることが出来る人こそ本当に強い人なのだ。

そしてそうなって初めて本当の成長をすることが出来る。

変わることの重み

変わる。この言葉は非常に重い。

大人になってから性格を変えることはほぼ不可能と言えるほど難しい。トレードに関しても負けている時期の考え方、手法が染み付いてしまえばなかなか変えることは出来ないだろう。

変わるというのは多くの人が考えているよりも大きな決断、強い意志が必要になる。

特に自分に自信を持っていた人が変わるには先に自分の弱さを認め、受け入れる必要がある。それが出来たとしても正しい変化が出来なければまた振り出しに戻るだけだ。

恐らくは数か月後にまた大きな決断が必要になる。

その事実がまた変わる決意を躊躇させる。

結局のところ変わるべきと思いつつも変わらない日々が続く。そういう人は多い。

対応力・順応力に難あり

きちんと自分の弱さを認め、受け入れ、その上で正しく変化出来たとしよう。

やっと、やっとだ。やっと勝てるようになった。歓喜の瞬間が訪れる。

長く負け続け、トレーダーとして生きていくのはもう無理かも知れない。そう思った時期もあるだろう。それを乗り越え勝てるようになった喜びは計り知れないものがある。

しかし相場は残酷だ。

相場というのは数か月程度のサイクルで大きな変化が起こりやすい。

順張りに徹して勝てるようになったのに下落相場入りしてしまえばかなり厳しいものになるだろう。逆張り特化で勝てるようになってもバブルになれば機会損失が増える。

このように仮に変わることが出来ても、その「現状」に満足してしまえば進化は止まり、また勝てないトレーダーへと逆戻りしてしまう。

関連記事

専業デイトレーダーは日に日に減少し続けている。信用回転無制限となって以降、アベノミクスも絡み合い多くの個人投資家が財を築いた。 しかし上昇が急激ならば下落速度も速くなるのが通例。 2014年には多くの退場者が出たと言われている。[…]

手法よりも勝つための考え方を手に入れるべきなのだ。

そして相場が変わる度に順応していく必要がある。対応力が常に求められているのだ。

株で勝てるようになるプロセスとは

ここまでの流れを考えれば自ずと見えてくるだろう。

いきなり勝ててしまうような天才型を除けば多くの人はまず壁にぶち当たる。

その上で壁をどう突き破るかが焦点となる。

そしてその上で邪魔になるのが自分には出来る、いつかなんとかなるという根拠のない自信だ。まずは負け続けることでこの自信を完全に破壊することが第1のプロセスとなる。

次は自分の弱さを受け入れる。このままではもう無理だと受け入れることだ。

自信を失い、弱さを受け入れ、正しい変化をする。これでまず勝てるようになるわけだが、その後は変化する環境に対応する力を身に付けることで勝ち「続ける」ようになる。

プロセスとしてはこの流れになるが、ではどのようなタイミングでこうなるのか。

もちろん人それぞれではあるが、これも傾向が出ている。

破産寸前の後がない状況

そう、多くの勝ち組トレーダーも破産寸前という状況を経験している。

言い換えれば破産寸前というところまで追い込まれてやっと変わることが出来たのだ。それほど変わることというのは重い。なぜなら変わるというのは今の自分を否定することになるからだ。

誰だって自分が優れていると思いたい。よもや不良品などと思いたくはない。

しかし勝てない現状を直視すればトレーダーとしては不良品なのだ。

それを認めるということがどれほど重いことか考えるまでもなくよくわかる。

一気に成長する瞬間

株で勝てるようになるための成長、それは上記プロセスを通して変わることが出来た瞬間だ。

徐々に勝てるようになるのではない。

変わった瞬間、一気に勝てるようになるのだ。

なぜ破産寸前から変わる人が多いのか、それは「変わらざるを得ない状況」に追い込まれたからと考えればよくわかるだろう。裏を返せば変わる勇気が持てる人は追い込まれずとも勝てるようになる。

どうしても他者の意見に反発し、自分が正しいと思いたいのが自信家の特徴だ。

勝てないという事実を受け入れられないのが人間だ。

それら全てを取っ払い、変わることが出来れば今までとは違った景色が広がることだろう。

花粉症のプロセスと酷似

花粉症は少しずつ体内というコップに蓄積していき、それが溢れた時に発症するという説がある。そして一度溢れてしまえばそれから毎年花粉症が発症するというのだ。

デイトレで勝てない人が勝てるようになるプロセスはこれによく似ている。

株の負けは授業料というのも事実だと考えられる。

徐々に知識は蓄積する。負けながらも、自信を持ちながらもなぜ負けたのか、どうすれば良かったのかという知識や反省は確実に体内に、脳内に蓄積していくことだろう。

しかし変わるという大きな決断が出来ないために成績は変わらず負け続ける。

そして負け続けながらさらにノウハウは脳内に蓄積していく。

いくら知識が積み重なろうとも、自分の行動が変わらなければ何の意味もない。

しかし何かのきっかけで人は変わる。それも劇的に変わる。どう変わるかが問題でもあるのだが、多くの人はすでに負けながら知識をきちんと蓄積させている。

つまり変わる方向性を間違うことは極めて少ない。

どうすれば負けなくなるか、どうすれば勝てるのかという知識はすでに豊富に持っているわけで、後は素直に自分の知識に従えばいい。ただ多くの場合、この知識は本能に逆らうものになる。

人間の本能に逆らう行動であるため、なかなか行動に移せないことも事実だ。

ここで再度葛藤が行われる。

その葛藤で過去の自分を打ち負かし、変わる決意が出来たのであれば恐らくもう迷うことはないだろう。勝つための根本を理解し、行動に移せたのであれば花粉症発症と同じだ。

もちろんそこで満足してしまえば今後また逆戻りすることもあるだろう。

それでも過去の苦労を忘れず、自分の弱さを認め、変わることで勝てるようになったことをきちんと理解し、謙虚な姿勢が保てれば恐らく負け組に逆戻りすることはない。

花粉症が突然治らないのと同じように。

まとめ

いかがだっただろうか。株で勝てなかったものの勝てるようになったという人の多くは徐々に勝てるようになったわけではなく、ある日を境に突然覚醒したかのように勝ち始める。

その理由に納得いただけたと思う。

なぜ破産寸前まで追い込まれてから覚醒する人が多いのか。

それはそこまで追い込まれないと変われないという単純な理由だ。それほどまでに過去の自分を否定し、弱さを受け入れて変わるというのは大人にとって重大な決断なのだ。

関連記事

デイトレーダーとして成功するためにはどうすればいいか、多くの人が考えることだろう。過去の成功者たちの書籍やブログなどを読み、憧れを持つ人も多いだろう。 しかしそこには大きな大きな落とし穴もある。 本記事ではデイトレーダーを目指す[…]

追い込まれずともきちんと現状を受け止められる人であれば言わずもがなもっと早く勝てるようになるだろう。

もしも今、デイトレで勝てずに悩んでいるのであれば当記事に書いてあるような特徴が自分自身にないかよく確認してみて欲しい。

参考までに筆者が登録している投資顧問無料メルマガの中でもよく使う2サイトを掲載しておく。無料銘柄だけでなく、相場概要についても無料で配信されるので重宝している。

しかしメール数が多く来るため、プライベートメールで登録するのはオススメしない。

無料メルマガ専用のアドレスを作っておくのがいいだろう。

株マイスター

株株

どちらもフリーメールで登録出来、個人情報を入れる必要もないのが嬉しいところだ。特に株マイスターの配信は相場概要についてかなり詳しい解説がありとても有用だ。