順張り手法のやり方と考え方

順張り手法というのは名前の通り順方向に進むと考えて売買するトレード手法のことをいう。流れに逆らうことなく同じ方向にトレンドフォローをしていく買い方だ。

この手法では決断力、それも即決する力が必要となる。

詳しく見ていこう。

順張り手法は相場の流れに沿ったトレード

日本人というのは右へならえの習慣がある。

前を行く車が突然右へ曲がった時、自分もそちらに行きたくなったことはないだろうか。

アテもなく運転をしている時にそういうことがあると筆者はすぐに同方向に行きたくなる。

難破船に乗り合わせた時、日本人を海に飛び込むよう誘導するための方法を表現した記事を読んだことがあるだろうか。恐らく右へならえの日本人を少し卑下した表現なのだろう。

「みんな飛び込んでますよ」

これだ。

皆が飛び込んでいるなら自分も飛び込もうという考え方を日本人はする。

それが日本人の国民性、本能であるならば日本人はまさに順張り脳だということになる。

日本市場は順張りに向くのか

日本市場とは言え海外投資家の比率が実は高い。

そのため相場全体が右へならえになるかと言えばそうではない。

また、株式投資の格言に人の行く裏に道ありというものがある。右へならえでは勝てず、周りと違う行動を取ることで勝ちにつながるという意味を持った格言だ。

ならば逆張り投資がいいのかと言えばそんな単純なものでもないだろう。

例えばイナゴ投資家、イナゴトレードなどという手法は究極の順張りだ。殿様イナゴと呼ばれる影響力を持ったインフルエンサーのような人がツイッターで銘柄をつぶやく。

それに追従する買いが次々と入る。

それを見た日本人が右へならえで買い注文を入れる。

これでイナゴタワーと呼ばれる大きな陽線の完成だ。

このイナゴトレードはスピード勝負に自信がある者は勝ち続けることが出来るだろう。しかしアルゴリズムにスピードで勝つのは難しい。そして全ては殿様イナゴの手のひらの上だ。

関連記事

イナゴトレードというトレード手法をご存知だろうか。今や知名度も高くなり、数も多くなったイナゴトレーダーだが、正しいやり方をしている人は少ない。 イナゴトレードは間違ったやり方をしていると信じられないくらいの速度で退場に追い込まれる。い[…]

関連記事

専業デイトレーダーは日に日に減少し続けている。信用回転無制限となって以降、アベノミクスも絡み合い多くの個人投資家が財を築いた。 しかし上昇が急激ならば下落速度も速くなるのが通例。 2014年には多くの退場者が出たと言われている。[…]

順張り手法はスピードと長め保有どちらが有利か

順張り手法というのは含み益が出るまでの時間が短いと言われている。

意外かも知れないが利益を出すまでの時間が短いというメリットを持っているのだ。

上がり続けている最中に自分が買うのが順張り投資であるわけで、よほどピンポイントの天井買いをしない限り1回は含み益になる時間帯が作れるだろうという考え方だ。

そこで毎回きちんと利益確定売りをしていれば勝率もかなり高くなるだろう。

しかし順張り投資をする者の多くはもっと大きな目的を持っている。

トレンドフォローという考え方だ。流れは完全に上になっている。

上がっている株を買うのだから、まだまだ上がり続けるだろうという考え方だ。一見危険な思考にも思えるが、この考え方を貫ける人は財を築くことも多い。

ハイリスクハイリターンな思考なのだ。

順張りでモノを言う即決力とは

順張りではどうしても買う時に躊躇する人が多くなる。

行って来いチャートと呼ばれるチャートも乱立しているからだ。これはイナゴタワーの後よく起こる現象なのだが、上がった株価がそっくりそのまま下落して上昇分を打ち消してしまう現象だ。

順張りの考え方で飛び付き、リカク売りもロスカット売りもせずこのチャートに巻き込まれると最高効率で大損することが出来る。まさにとんでもない悪魔のチャートなのだ。

そういう経験をした投資家はこの行って来いチャートを警戒するようになる。

上昇株を見つけ、もっと上昇するだろうと考えても買う決断が出来ない。

もしかしたらまた行って来いチャートに捕まってしまうかも知れない

この考え方は行動力を制限する。しかし不思議なもので、ここからさらに上昇があると警戒感が薄れてしまう。やっぱり今回は本物だという意識が芽生え、育っていくのだ。

そして実際に買ってしまう時、それが天井となりやすい。

言わずもがな即決力を持った順張り投資家は最初の段階で買っている。

そしてそこで買えていればとっくに利益確定売りも出来ているだろう。順張り投資家にこそ即決力が必要という意味がおわかりいただけると思う。

長時間で見る順張り投資

では長時間で見る順張り投資とはどのようなものか。

上記のような行って来いチャートを描く場合、どんなに初動で買えていても長時間保有していれば結局損になるわけで、決断力、即決力でどうにかなるようなものではない。

長め保有で考える順張り投資家は決してイナゴトレードに手を出さない。

チャートや業績を重視し、じわりじわりと上がっていく銘柄を好む。

そのため、持ち株であっても急騰することをあまり良しとしない。チャートが崩れたり、イナゴトレーダーに荒らされることを極端に嫌うからだ。

ラッキーと考えいったんポジションを整理し、イナゴが去った後に買い直す冷静かつ上手なトレーダーもいるだろうが、なかなかこれに対応出来るものではない。

デイトレードという考え方で言えば短時間勝負になるわけで、やはり買った直後に訪れる含み益を確実にモノにしてしまうことがベストと思われるが、スイングトレードでは利益をトコトン伸ばしたいところだ。

デイトレに関して言えば損大利小であってもなんとかなることもあるが、スイングトレードで損大利小ではほぼ勝てる見込みはないだろう。

順張り投資の良いところだけでなく、悪いところにもきちんと目を向けたい。

株価が上がっているというだけでも下落余地はそこに作られているのだから。

まとめ

デイトレーダー目線とスイングトレーダー目線では違った考え方になるのが普通だ。よくデイトレをしつつ、ピンチになったものを持ち越してしまう人がいる。

計画通りなら良いが、苦し紛れに取る行動というのは自己の成長の妨げにしかならない。

目先の利益よりも勝つための基盤を構築する努力をしていくことが大切だ。

その努力が出来る人間ならば順張りだろうが逆張りだろうが勝てるようになるはずだ。

参考までに筆者が登録している投資顧問無料メルマガの中でもよく使う2サイトを掲載しておく。無料銘柄だけでなく、相場概要についても無料で配信されるので重宝している。

しかしメール数が多く来るため、プライベートメールで登録するのはオススメしない。

無料メルマガ専用のアドレスを作っておくのがいいだろう。

株マイスター

株株

どちらもフリーメールで登録出来、個人情報を入れる必要もないのが嬉しいところだ。特に株マイスターの配信は相場概要についてかなり詳しい解説がありとても有用だ。